FC2ブログ

What is the true ? 

日本の誇りを取り戻すために・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国人留学生が震撼!「この日本という“敵国”で、私は知らぬ間に変わっていた」―中国ネット

2014年8月22日、中国のインターネット上に「恐るべき日本人、中国人留学生が日本で震撼した」と題する文章が掲載された。以下はその概要。

【そのほかの写真】

正直に言えば、私は日本人が大嫌いだった。私は中国では「憤青(※反日思想が顕著な若者)」であり、われわれを深く傷つけた日本を憎んでいた。しかし、日本に来てからはその認識を改めざるを得なくなった。「恐るべき」という言葉以外には形容できない体験を日本でしたからだ。この「恐るべき」は畏怖の念だと言っていい。

日本がわれわれを上回っている部分はあまりに多すぎる。恨みはわれわれの目を閉ざし、理性を奪い、身の程知らずにしてしまう。日本の空港に降り立ったときから、違いははっきりしていた。静寂、秩序、清潔…。一つひとつのカルチャーショックが、私がそれまで抱いていた日本に対する印象を否定していった。

●謙虚
人同士は、互いに客人のように相手を尊重し合う。

●清潔
街は異常なほど清潔。日本人の靴は靴底まできれいと言っても大げさではない。

●秩序
信号を無視するドライバーや歩行者を見たことがない。何をするにも列に並ぶ。交通警察も少ない。

●仕事熱心
仕事になるとみんなミツバチのようで、暇そうにしている人はいない。管理者は部下が日本人だろうが外国人だろうが親切。その心地よい雰囲気は、中国にはない。

●安全
日本は治安が良く、拾ったものは自分のものにしない。もっと言えば、落ちているものは拾わない。

●安心
全員が国民健康保険に入ることができ、整備された社会保障システムがある。

●環境保護
日本のエコ意識は非常に高い。ごみの分別が厳しく定められている。

この日本という「敵国」で、私は知らぬ間に、礼儀正しく、謙虚で、きれい好きで、ルールを守る人間になっていった。(翻訳・編集/北田)

転載
http://www.recordchina.co.jp/a93066.html
関連記事
スポンサーサイト

| 中韓 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyou7777.blog77.fc2.com/tb.php/95-377da66c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。