FC2ブログ

What is the true ? 

日本の誇りを取り戻すために・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松下幸之助「上司を見る以上に部下を見よ」

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 昭和56(1981)年、9月だった。テレビの音が少し大きく気になった。松下幸之助は、私の報告が終わると、雑談。

 そのなかで、次のように話してくれた。

 「きみなあ、部下の話を聞いてるか。社員のことを気にしてるか。この社員は、どうも元気がない。どうしたのか。病気かどうか。なにか困っているのではないか。会社におらんときも今頃社員は、苦労しとるんやないだろうかとかな。まあ、大将はつねに部下のことや社員のことを考えんといかんな。そういう大将の姿に、部下もこの人のためならば、頑張ろう自分の命を捨てようと。実際には、捨ててもらっては困るけどね。大将が、いつも部下のことを考えておらんといかんな。

 俺は大将や、自分は指導者や、社長やと、そういう態度、話し方、接し方をしたら、部下はついてこんわ。部下の話を聞いて、褒めてな。その意見がええなら、すぐに取り入れる。すぐに対応する。そして、うまくいったら、あの社員のお陰や、あの君(くん)の提案によって、大きな成果が得られた。会社全体の売り上げが上がったとか、士気が上がったとかな言う。大事やで。きみ、いつも、部下のことを忘れんようにな。


 会社は、誰によって、持っている(維持されている)かというとね、社長や指導者の力は、まあ、3割ぐらいや。7割は部下の力によるところが大きい。わしの経験から、そう言えるな。社員が、会社の命運を握っていると言っても言い過ぎではない。社員には、大いに感謝している。社員は、宝やで、ほんまに。


 だから、部下を第一に考えて、仕事をせんとな。また、部下を育てようという思いを、つねに持っておらんと。部下はみんな、ええもんを持っとるんや。今、あまりたいしたことないと思う者でも、指導者とか社長が、上手に磨いてやればね、ダイヤモンドになるな」。

 「昔、店を始めた頃は、ええ人間なんか来てくれんわけや。けど結果的には、世間からも同業者の人たちからも、松下さんとこはええ人がいますなあと言うようになってくれた。社員が努力したことが大きいけど、まあ、そういう環境を作る。絶対に、社員を、育てようという強い心持ちを指導者が持っておることが大事やな。きみ、そういう心持ちで経営をやってくれや」。

 「わかりました」と答える私の顔を見ながら、次のような話を付け加えた。「まあ、わしの経営は、ワンマン経営や、と言う人もいるわね。けどワンマンはワンマンでも、衆知を集めた上でのワンマンということやな。会社の発展の対策を次々に出してな、今日までやってきたけど、それはわし個人の意見であったかというと、そうではないわけや」。

 「そうではなく、日頃から部下の話を聞くとかね。誰に対しても声を掛けるとかね。そういうように、社員がわしに話をしやすいようにしむけながら、多くの意見や心持ちを汲んで、いわば、衆知を集めてのわしの決断やから、社員の心を心として、経営をやってきたわけや。

 ワンマンと言っても、わしのワンマンは、ほかのワンマンとは違う。普段から、社員の話を聞いておるからな。事を一瀉千里(いっしゃせんり)に進めても、社員の意思というか心に反することはなかったな」。

 この話を聞きながら、以前、聞いた話を思い出していた。

 昭和54(1979)年の春頃だったと記憶している。この日は、かなりご機嫌がよく、あれやこれやの雑談に花が咲く。

 「こないだ、ある人(関西財界のA氏)が話してくれたけどね。昔な、中国のある王さん(王様)がいたそうや。その王さんが、家来に対してもうやりたい放題気分次第で家来に指示を出す。気にくわんと言って、殺す。そういう王さんやった。

 あるとき、風呂を沸かしていた。まあ、風呂を焚くのは下の身分やわな。その風呂に王さんが入ろうとしたら、お湯が熱かった。するとな、その王さんが激怒して、打首や。まあ、いわば暴君やな。

 ところが、その上の皇帝には、その王さんはもう、こんなことまでと思うほど、気を使う。過ぎるぐらいに接する。皇帝の言うことは、どんなことでも「仰せごもっとも」というだけや。皇帝の言うことは、いわば、神様の言うことというまあ、そんな具合やったそうや。

 当然まあ部下は、内心面白くないわな。少しは俺たちのことを気にしてくれよと。そいで、部下の者同士が相謀って、王さんを暗殺してしまった。そういう話をしてね。部下に対して、十分な配慮が必要ですな、と言っておったけどね。けど、それは、当たり前や。指導者は上を見んといかんけど、それ以上に部下を見んといかんのや。そういうことが指導者とか経営者には必要やな」

 いつも私は、こういうふうに、松下幸之助から雑談で部下との接し方、経営の仕方、指導者や経営者のあり方を教えられたものである。「雑談による教育」を、松下に習い、私も大事にした。

転載
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e6%9d%be%e4%b8%8b%e5%b9%b8%e4%b9%8b%e5%8a%a9%e3%81%af%ef%bd%a4%ef%bd%a2%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e7%ae%a1%e7%90%86%e8%81%b7%ef%bd%a3%e3%82%92%e5%ab%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f-%ef%bd%a2%e4%b8%8a%e5%8f%b8%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%81%ab%e9%83%a8%e4%b8%8b%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%88%ef%bd%a3/ar-BBk2urC#page=2
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyou7777.blog77.fc2.com/tb.php/177-325c5345

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。