FC2ブログ

What is the true ? 

日本の誇りを取り戻すために・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寅さんのモデルは吉田松陰だった!?

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率低迷が続いているが、面白い見方があるので紹介します。

山田洋次監督「男はつらいよ」の寅さんは、吉田松陰の生まれ変わりだという。
そのことをわたしは延広真治「「おとこはつらいよ」偏痴気論」(『笑いと想像 第1集』)で知った。
第1に「男はつらいよ」の主人公の車寅次郎。
車は人力車夫からとられたという説もあるし、また車姓は江戸時代より非定着民のシンボルともされて諸説ある。
また「寅は次男だから寅次郎」だと山田監督自身が記している。
かたや松陰の名前は吉田寅次郎。
しかも寅さん同様こちらも次男坊である。
第2に松陰の実兄は杉梅太郎。
そしてタコ社長の本名は桂梅太郎である。
桂はもちろん松陰と交友のあった桂小五郎である。
姓の杉を桂小五郎の桂あらためたのは、直接すぎるからだろう。
第3に2人とも妹おもいだ。
寅さんは唯一の妹さくらがいて、妹思いでよく旅先から手紙を書いている。
松陰にも3人の妹がいて、旅先から頻繁に妹たちに手紙を書いている。
1番上の妹千代は第10作のマドンナ「寅次郎夢枕」の千代(八千草薫)に、次女寿は42作「僕の伯父さん」のマドンナ寿子(壇ふみ)に、3女文は「浪速の恋の寅次郎」のマドンナふみ(松坂慶子)にそれぞれ生かされている。
第4に松陰出身の地は松本村団子岩。
つまり松陰は団子岩の寅次郎である。
杉家の2男として生まれたが、吉田家の養子となって吉田家を相続した。
いっぽう、寅さんは団子屋の寅次郎。
次男ながら兄が死んだので車屋の相続人である。
山田監督は団子岩→団子屋→葛飾柴又(草団子が名物)と連想が働いたのだろう。
第5に肉体的条件や嗜好である。
松陰は「短小にして背かがみ、容貌醜く色黒く、高鼻にして痘痕あり、言語甚だ爽やか」であったという。
要するに醜貌ながら美声。
声は二枚目目、顔は三枚目で人気を得た渥美清そっくりではないか。
嗜好については松陰は煙草を吸わなかったが、果物や餅を好んだ。
寅さんもまた喫煙しないのは周知の事実で、果物や菓子を好んだ。
服装も松陰は無頓着だが、寅さんも無頓着である。
第6に2人とも生涯独身で、旅が多く、叔父に育てられたという点が共通している。
松陰が結婚しなかった理由を妹千代は、旅ばかりしていてお国にいる時は蟄居の身でとても結婚どころではなかったと話している。
松陰は5歳で父親の次弟の吉田家の養子となり、養父の死後吉田家を相続した。
寅さんもまた放浪中に父親が死亡したため、叔父夫婦がとらやをつぎ、寅さんにとって2人は父親とも呼ぶべき存在である。
第7に性向や主張である。
松陰は感激家で、涙もろく、気ちがいじみて、まっすぐで、計画性が乏しかった。
それゆえ、彼の事業と実行の多くは失敗に終わった。
そして失敗のたびに弁解した。
これは寅さんの性格とそっくりである。
「思い起こせば恥ずかしきことの数々」と書く寅さんの詫び状を持ち出すまでもないだろう。
第9に2人とも憂国の志である。
松陰といえば尊皇攘夷を主張したとされるが、寅さんもまた同様である。
24作「寅次郎春の夢」で、タコ社長から「寅さんは尊皇攘夷か」ときかれて「そうだ」と肯定するが、寅さんの対米感が良く出ている。
山田監督は敗戦とともに満州から引き上げて、宇部中学から山口高校へと進んだ。
松陰は長州の偉人として、ごく身近な存在であったに相違ない。
著者は最後に次のように書いている。
「山田監督が渥美清に松陰との共通性を見出し、主人公を寅次郎と命名したため、寅さんの原点が松陰となり、本数を重ねるにつれ、寅さんが松陰に近づいて行ったのではあるまいか。
それが連作48本に及んだ原動力になったに違いない」

転載
http://blog.livedoor.jp/sho923utg/archives/51835256.html



関連記事
スポンサーサイト

| 保守 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyou7777.blog77.fc2.com/tb.php/162-17330fe2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。