FC2ブログ

What is the true ? 

日本の誇りを取り戻すために・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

錦織、決勝わずかに有利か 日本人初の四大大会制覇へ 勝算と称賛 全米オープンテニス

8日(日本時間9日早朝)に行われる全米オープン男子決勝でアジア人として初の四大大会シングルス制覇に挑む錦織圭(24)。対戦相手のマリン・チリッチ(25)=クロアチア=は198センチの大男でビッグサーブの持ち主だけに激戦は必至。パワーの前に錦織が苦しむ展開も予想されるが、全仏王者のコーチ、マイケル・チャン氏の指導で強靱な体力と精神力を誇る錦織がわずかに有利と報じられている。錦織は歴史を刻めるか。 

 錦織劣勢を報じているメディアは米国に多く、次のように伝えている。「USA TODAY」紙は「チリッチはフェデラー戦で第1サーブが入ると87%の確率でポイントを取っていた。これは強烈だ。チリッチにもイワニセビッチ・コーチがついている。有利なのはチリッチだろう」とした。

 しかし、最終的には錦織の勝利と予想するメディアも多い。英紙「ザ・ガーディアン」は「マイケル・チャンが(コートサイドではあるが)ニューヨークに嵐のように戻ってきた。苦戦するかもしれないが、彼の強い影響力で錦織がわずかに有利だ」としている。

 小柄ながら抜群のフットワークと粘りで、強敵を次々と倒したチャンの現役時代の活躍を錦織に重ね合わせる専門家は多い。錦織がパワーのチリッチに食らいつき、最後は競り勝つというのだ。

 どちらが勝っても四大大会初優勝。この2人の対決を予想した海外メディアは皆無だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は、「オーストラリアのブックメーカーTABのオッズでは、錦織、チリッチの優勝は250-1。とても賭けにならなかったが2人が決勝で対戦する予想オッズをつけたとしたら5000倍だっただろう」とした。

 錦織フィーバーに日本列島は沸き、試合を中継しているWOWOWの問い合わせ電話はパンク状態。ウエアのスポンサー契約しているユニクロの商品は売り切れ続出だ。海外でもこの現状は興味を持って報じられている。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「ツイッターなどで日本のファンが盛り上がり“将来男の子ができたら名前をケイにする”“錦織は神になったのか”などと書き込まれている。野球が一番人気の日本で、これまでテニスは5分のダイジェスト程度の関心しかなかったが、今や国民は深夜、早朝の長時間の試合にくぎ付けになっている」と伝えている。

 米ワシントン・ポスト紙は「錦織対チリッチは誰もが予想していなかった。新しい世代が台頭した。グランドスラムの決勝でジョコビッチ、フェデラー、ナダルらの名前がないのは2005年の全豪オープン以来の出来事だ」としている。

 米スポーティング・ニューズ誌は改めてチャンと錦織の関係を紹介。

 「チャンと錦織とはよく似ている部分がある。だから、大男でビッグサーブをもつ選手を破る方法を錦織に教えるのは簡単だった」としている。

 錦織はすでに小さな体を利用して、勝つ方法を身につけているというのである。


8日(日本時間9日早朝)に行われる全米オープン男子決勝でアジア人として初の四大大会シングルス制覇に挑む錦織圭(24)。対戦相手のマリン・チリッチ(25)=クロアチア=は198センチの大男でビッグサーブの持ち主だけに激戦は必至。パワーの前に錦織が苦しむ展開も予想されるが、全仏王者のコーチ、マイケル・チャン氏の指導で強靱な体力と精神力を誇る錦織がわずかに有利と報じられている。錦織は歴史を刻めるか。 

 錦織劣勢を報じているメディアは米国に多く、次のように伝えている。「USA TODAY」紙は「チリッチはフェデラー戦で第1サーブが入ると87%の確率でポイントを取っていた。これは強烈だ。チリッチにもイワニセビッチ・コーチがついている。有利なのはチリッチだろう」とした。

 しかし、最終的には錦織の勝利と予想するメディアも多い。英紙「ザ・ガーディアン」は「マイケル・チャンが(コートサイドではあるが)ニューヨークに嵐のように戻ってきた。苦戦するかもしれないが、彼の強い影響力で錦織がわずかに有利だ」としている。

 小柄ながら抜群のフットワークと粘りで、強敵を次々と倒したチャンの現役時代の活躍を錦織に重ね合わせる専門家は多い。錦織がパワーのチリッチに食らいつき、最後は競り勝つというのだ。

 どちらが勝っても四大大会初優勝。この2人の対決を予想した海外メディアは皆無だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は、「オーストラリアのブックメーカーTABのオッズでは、錦織、チリッチの優勝は250-1。とても賭けにならなかったが2人が決勝で対戦する予想オッズをつけたとしたら5000倍だっただろう」とした。

 錦織フィーバーに日本列島は沸き、試合を中継しているWOWOWの問い合わせ電話はパンク状態。ウエアのスポンサー契約しているユニクロの商品は売り切れ続出だ。海外でもこの現状は興味を持って報じられている。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「ツイッターなどで日本のファンが盛り上がり“将来男の子ができたら名前をケイにする”“錦織は神になったのか”などと書き込まれている。野球が一番人気の日本で、これまでテニスは5分のダイジェスト程度の関心しかなかったが、今や国民は深夜、早朝の長時間の試合にくぎ付けになっている」と伝えている。

 米ワシントン・ポスト紙は「錦織対チリッチは誰もが予想していなかった。新しい世代が台頭した。グランドスラムの決勝でジョコビッチ、フェデラー、ナダルらの名前がないのは2005年の全豪オープン以来の出来事だ」としている。

 米スポーティング・ニューズ誌は改めてチャンと錦織の関係を紹介。

 「チャンと錦織とはよく似ている部分がある。だから、大男でビッグサーブをもつ選手を破る方法を錦織に教えるのは簡単だった」としている。

 錦織はすでに小さな体を利用して、勝つ方法を身につけているというのである。

転載
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20140908/spo1409081700009-n1.htm
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://youyou7777.blog77.fc2.com/tb.php/104-e50a7e6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。